beauty woman

薬で改善

しみやそばかすで悩んでいる女性も多いですが、薬を複葉することで治すこともできます。皮膚科を受診して薬をもらうこともできますし、ドラッグストア、薬局、通販などで市販薬を購入することもできます。

詳細を見る

オススメリンク

できる原因

美しい肌を維持するのは簡単ではありません。年齢を重ねると、どうしてもしみ、そばかすなどが出てしまうものです。しみやそばかすを、化粧品で隠す人も多いですが、それでは根本的な解決になりません。改善するためには、まず原因を知ることが大切です。しみの原因は様々ありますが、その多くを占めているのが紫外線です。これまでに浴びてきた紫外線が原因で、時間が経つことによって肌に現れるのです。このしみを、老人性色素斑と言います。特徴は、薄い茶色をしていて、輪郭がはっきしている円形ということです。40歳前後に現れやすいので、若い時にはしみが無くても、年齢を重ねることで出てくるのです。老人性色素斑を防止するためいは、日頃の紫外線対策がとても大切です。

そばかすは目元の周りや、頬の上部に現れるものです。また、季節によって濃さも変わりります。春から夏にかけては、特に濃くなります。そばかすの種類は大別して、2種類に分けられます。先天的なそばかす。後天的なそばかすです。後天的なそばかすは、大人になることが多く、自然に消えることはありません。原因としては、紫外線、ストレス、ビタミン不足、睡眠不足など様々あります。この中でも、特に多くを占めているのが紫外線です。しみやそばかすの原因となる紫外線は、肌の大敵なのです。

しみやそばかすで悩んでいる女性は多いですが、それを治すことができる治療薬があります。ハイドロキノン軟膏は、メラニンを作るチロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制するのです。医療機関で処方されるものは、有効成分の濃度が高いので、効果も高いです。ただ、高濃度は使い方を間違えると、肌に刺激を与えすぎて、かぶれや赤みなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。塗りすぐりだけではなく、飲みすぐりもあります。トランサミンは、色素沈着を抑制する効果があります。メラニン生成を抑えて、しみを防止することができます。よく耳にするビタミンCも、しみやそばかすの飲み薬としてよく使われます。ビタミンCには、抗酸化作用があり、色素沈着の緩和が期待できます。薬だけではなく、食べ物からでも摂取することができます。

記事一覧

紫外線から肌を守る

しみやそばかすは薬で治すこともできますが、生活する上で注意する点もあります。それは、紫外線です。紫外線を浴びることによって、より濃くなってしまうこともあるからです。

詳細を見る

薬の情報

肌の悩みを持っている女性は多いです。しみ、そばかずもその悩みの1つになります。その悩みを改善してくれるのが、しみそばかす薬です。この薬は、体の内側から作用して肌の悩みを改善してくれます。

詳細を見る

薬の種類

ビタミンCが含まれている薬を飲むことによって、しみやそばかすを治すこともできますし、レーザーで治療することによって治すこともできます。薬は、飲み薬と塗り薬の2種類があります。

詳細を見る

Copyright(c) 2015 気になるしみやそばかすを治す〜誰もが憧れる美肌になろう〜 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com