紫外線から肌を守る

しみとそばかすの違いは何

年齢を重ねていくうちに顔に出てくるしみやそばかすでお悩みの方は多くいます。悩んだ末に外出すら嫌になってしまう女性もいるようです。そのため様々な化粧品や健康食品が増えています。更に年齢を重ねても肌のつやを大事にされる女性の意識が高くなっている傾向があります。 しかしそもそも、しみはなぜ出来るのでしょうか。一般的にしみは老人性色素斑と呼ばれるものです。健康な肌であれば、皮膚は再生ししみを作ることはありません。しかしストレスや紫外線により新陳代謝がうまくいかない場合にメラニンが肌に沈着し、しみとなります。そばかすはその一種です。しかしそばかすは遺伝的要素も多くあります。紫外線を浴びることでそばかすが濃くなるケースがあります。

治療方法はいくつもあります

どちらも紫外線から肌を守ることが大事です。しかしそばかす薬の服用でしみとりが出来るケースもあります。そばかす薬は外用の場合、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏が有効とされています。内服の場合はしみの種類によってつかいわけが必要となりますトランサミンは女性の特に肝斑に効くと言われています。ビタミンCやビタミンEも抗酸化作用があるため、美肌を取り戻すことができます。しかしお肌にトラブルがある場合、そばかす薬を使用することで皮膚が赤くなってしまったり腫れてしまう場合があります。自分に合ったそばかす薬を選ぶことが肝心です。 しみやそばかすは予防することが大事です。特に顔にメラニンを残さないことを意識し、紫外線の強い季節は肌の露出を控えなければいけません。美肌をキープするためには一年を通して、肌トラブルゼロを目指す必要があります。

Copyright(c) 2015 気になるしみやそばかすを治す〜誰もが憧れる美肌になろう〜 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com